長い間お世話になっているお寺に参拝をし、
ご祈祷していただきました。

実家の宗派とは異なるけれど
20代のころから通っている。

ホラ貝と大太鼓の音とお経は心に響き渡る。
自分に「喝」を入れる気持ちもあって通わせていただいてます。

毎日のように人が訪れるこのお寺、
年間を通してもかなりの人数になるとは思うのですが、
年に一度くらいしか顔を出さない私でも覚えていてくださる。
嬉しい限りです。

息子を幼いころに連れて行ったことも
「覚えているよ」とお話してくれる。

ちょっと目元が潤みそうになる私。

ここに来るたび、いろんな情景が思い起こされる。
いい時も悪い時も、、、随分と時を経てしまった、、、。
心の里帰りといった感じです。

まだまだ生かされていくことも感じながら
毎日を身を引き締めて過ごさせていただきます。

また、こうしてお寺に伺えたことに
ありがたい気持ちでいっぱいです。