人の生活のリズムはさまざま
朝出勤をして、沈む夕日の中を家路に向かう人々、
夜から朝まで働き、日差しを浴びいて帰る人々、

すれ違いざまには、お互いに「頑張ってね。」「お疲れさま。」
そんな会話を肩や背中で交わすように感じたりする。

24時間の間には、常に別の時間の流れがある。

だから、、、

朝空は、出かける人の流れに応援を、帰る人の流れに癒しの光を照らす。
夜空は、出かける人の流れに希望を、帰る人の流れに労いの光で照らす。

漠然と、、、人って生きるために動き続けるし
小さな幸せを感じられる感覚を持っているから
ややこしかったりするけど、誰もが偉大に思ったりする。

そうそう、誰もがすごい人なんだ。