あなたのために、この子のために、、、。
思いやりを持ってやるけれど
伝わらない、、、

そんな時ほど相手のことを知るチャンス!
期待する反応がなかったり、思うようにならなかったら
もしかしたら、相手は求めていないことなのかもしれない、、、。

良かれと思ってやったのにね。

でもやっぱり、どんなに身近な存在でも 求めていることが違うことがあるから。

どうしていいかわからない時は、言葉にして聞けるといいよね。

言っても無理じゃないかもしれない。
気づくと思っていただけかもしれない。
あれっ?ほんとにわかってなかったの?
あれっ?実はお好みでなかったの?

なんてことは、あるあるなんです。

聞けないということの中には、想定外の反応や返答に対して怯えや不安があることもある。
そして、怯えや不安があるのは、気づかないうちに自分自身のためにやっている行動だったりするから、、。

その怯えや不安を感じられたら、今度は自分自身を知るチャンス!

相手も自分も知るきっかけは、いろんなところに転がっていたりする。